夢に向かってスタート!
by avec_un_sourire
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
最新の記事
社会復帰・・
at 2010-04-04 16:52
春の匂い。
at 2010-03-26 22:38
おっちょこちょい。
at 2010-03-09 19:15
想像力も表現力も乏しいです・・
at 2010-03-04 02:17
アイスランド・レイキャビークⅡ
at 2010-02-27 01:25
カテゴリ
全体
日々のこと
paris パリ
トゥール
サン・マロ
ボルドー
アンジェー
ルーアン
アロンソン
ストラスブール
モン・サンミシェル
シャトー巡り
旅行
フランス語
イタリア・ローマ
イタリア・カプリ島
イタリア・アルベロベッロ
イタリア・ベニス
クロアチア・ドゥブロヴニク
クロアチア・スプリト
クロアチア・ザグレブ
ベルギー・ブリュッセル
イギリス・ロンドン
スペイン・バルセロナ
アイスランド・レイキャビーク
ワーホリ準備
帰国準備
NoahZark
未分類
以前の記事
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
最新のトラックバック
ライフログ

PARIS-パリ- (通常版) [DVD]


おじさん、語学する (集英社新書)


国家の品格 (新潮新書)


西の魔女が死んだ [DVD]


スパニッシュ・アパートメント [DVD]


ロシアン・ドールズ スパニッシュ・アパートメント2 [DVD]


ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月 [DVD]


ブリジット・ジョーンズの日記 [DVD]


パリノルール 最新版

検索
タグ
お気に入りブログ
vege dining ...
春松とフユ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

社会復帰・・

4月1日から、ようやく仕事を始めました。
1年以上ぶりの、ちゃんとした(?!)社会復帰です^^;

どうなるかと、かなり心配していましたが、何とかなるものなのかもしれませんね~
心配するより動くが易し、、という感じです。こういう意味の諺があったような気がするけれど、、思い出せない!!


国際交流に関わることのできる職場。
臨時職員なので、内容は総務、事務系が多いのですが。

入って2日目。
フランス人留学生が体調悪いので、病院に一緒に付き添って通訳して欲しいとのこと。

正直、ひょえ~~~っていう気持ちでした。
帰国して既に約2ヶ月間、フランス語からも離れているし、何より通訳なんてでっかいこと、できるのか?!っていう不安感。
しかも、こんな日に限って辞書も持って来てない(涙)

でも、断ることもできないので、行くしかないってことで付き添って病院へ。


どうやらフランス青年曰く、

「蜘蛛に足を噛まれて、熱が出て胸も気持ち悪い。足も腫れている。」 という状態。

噛まれた瞬間を見たわけじゃないけれど、症状が毒蜘蛛に噛まれたような症状だ、とのこと。


いくら北陸と言えども毒蜘蛛を今だかつて見たことないし、青年のホームステイ先も決して山奥ではない。
う~ん、、、

でも、足が痛くて引きずっているのは間違いないので、いざ病院へ。


中央病院だったので、待ち時間も長い。
それを告げると

「フランスも一緒だよ。数時間待たされたことがある。」

って言ってた。

当然のことだけれど、それを言わないと、何で待たされるのかもわからないかもしれない。


何よりも、異国の地で、体の調子が悪くなることほど、不安で嫌なことはない。
これは私もよくわかるから、せめて少しでも役に立てればな~と思い、出来る限り話かけてみた。


診察の結果、原因は毒蜘蛛ではなくって、、、水虫からバイ菌が入って腫れてしまった、とのこと。

「水虫。」

・・・・・私の頭の中では、「 水:eau 、虫:insecte 」 という単語が出てきたけれど、これを言ったところで伝わるわけがない。

不安そうな青年。

先生に、英語で教えてください、とお願いしたら、医学書の写真つきのページを出してくれて、そこにはおそらくドイツ語であろう説明があった。

それを見せて、そこからウィルスが入ったのだ、と伝えたら彼も納得。


症状はまだ軽いけれど、放っておくと、ふくらはぎまで腫れてしまって大変なことになるらしい。


とりあえず分のお薬を処方してもらって、一安心。



水虫でお騒がせしやがって~って思う人もいたかもしれないけれど、これちゃんとした皮膚病。
今回の症状を見て、かなり痛感。

水虫に対する意識までも変わってしまった出来事でした。


ちなみにフランス語では 水虫:eczema だそうです。


正確な言葉で説明することはできず、簡単な言葉だけで、必要なことをとりあえず伝えたという感じだった。
もっとこう言ってあげれたら、もっと安心したのだろうな、とも思った出来事。

とっさの場面で役立てるように、もっともっと勉強していかないと!



水虫、、ではなくて水中の中にいる人発見!!
c0198138_164416100.jpg

実はこれ、金沢21世紀美術館の中にある展示アイテムです。

4月末から、ルーブル美術館展が始まるとのことなので、楽しみです☆
[PR]
# by avec_un_sourire | 2010-04-04 16:52 | 日々のこと

春の匂い。

前回のブログからかなり時間が経っていました・・・反省。。。

ようやく4月からの仕事も決まり、ちょっとホッとしたところです。
どこまで何ができるかはわからないけれど、まずは、できることから始めていきたいと思います。


この仕事が決まるまで、いくつか面接を受けたところもあるのですが、やっぱりこういう面接などを受けると、
また自分について知ることができるし、いろんなことを考えさせられますね。
自己分析です。

自分に何が足りないのか、何がアピールできるのか、、、自分ではこう考えていても、相手にしたら違う受け止め方をされたりとか。。

例えば、あるところでは、

「いくつか仕事を変わられて、転職するに当たって不安にはならないですか?」
「あきっぽい性格なのですかね?」

ということを聞かれました。
もちろん、不安に思うなら、転職しない方が一番ですよね。

でもやりたいことがあって、それで給料が落ちたとしても、もしそれがうまく行かずに、やりたい仕事ができなかったとしても、食べていく為であれば、何でもしようという覚悟はできていたので、転職をしてきました。
仕事は選ばなければ、あるのです。(今回の就職活動でもそれは実感)

もちろん、養う家族がいなかったからできたとも思います。


こんな風に、自分では良かれと思っていたことも、人にとってはマイナスに思ったり、企業側にしてみれば、他にやりたいことを見つけて辞めていく私を良いように思わないところもあったのかもしれませんね。

そんなことも考えさせられました。。
・・・かといって、自分の生き方を変えられるわけではないので(^^;
やっぱり将来に向けて、動いていきたいなぁと思います。


そんなこんなの就職活動の中で、ふと思ったこと。

日本の履歴書はどうして手書きの方がいいのでしょうね。。
文字から、その人が見えるという部分も大いにあるのはわかるものの、、、

何枚も履歴書を書いていると、ほんの少しの失敗も許されず、、これって結構大変だわ~と再痛感。。
同封する手紙だけの筆跡ではダメかしらん、なんていう怠けた心も見え隠れしていました^^;

便利な世の中になっても、こういう部分が古風なのは日本らしさかな~


さてさて、我が家にも少しずつ春がお目見えです。
c0198138_22285519.jpg

掘りたてのタケノコたち。これがめちゃくちゃ美味しいのですわ~~~

まだ先っぽが土から出るか出ないかっていう状態で掘られたタケノコたち。
やわらかくって最高の品です。

タケノコはスーパーで買うものとは思っていない我が家族です^^

気になった方には、ご注文承りますよ(笑)


そして
c0198138_22323085.jpg

サクランボの桜の木。
一本ひっそりと、でも堂々と咲いていました。

後はもう少し暖かくなるのを待つのみですね~☆
[PR]
# by avec_un_sourire | 2010-03-26 22:38 | 日々のこと

おっちょこちょい。

3月になって、もうすぐお花見シーズンだというのに、今日は雪が降りました。
いつも卒業シーズンには、雪がチラチラと舞い降りることはあったけれど、今日の舞い方は半端ありません!
あっというまに5センチくらい積もってしまって、冬の再到来のような寒さ・・・
c0198138_1915087.jpg


早く暖かくなって欲しいものですね。


先週末、1年振りにJRの電車に乗りました。
フランスにいた時は、もっぱらメトロとバスでの移動が習慣だったけれど、実家に帰ると、どうしてもマイカー生活です。

でも、しばらく振りに友人達との再会だったので、お酒も飲むぞ~という覚悟(?!)で電車に乗り込んだのです。

あ~久しぶりのこの空間、そして独特な匂い(笑)なんて思いながら、あっという間に目的地に到着。
いざ改札口を出ようとしたら。。

そう、切符を改札で返さなきゃいけなかったのですよね・・・そんなことをすっかり忘れていた私は、電車を降りた後すぐに、ポケットにあった紙くずと一緒にポイっとゴミ箱へ捨てていました。何の疑いもなく・・・

精算の窓口で、「さっきまで切符持ってたんですけれど、間違えて捨ててしまいました。。」

「えっ捨てたの??」と駅員さん。「何で??」と聞きたそうな表情。そりゃそうだ。

「やっぱり切符ないとダメですよね。」

「う~ん・・・どこの駅から乗ったの?いくらだった??」

この質問に答えると

「う~ん、、通常は無理なのだけれど、、、」

お?通してくれるかな??と思ったのもつかの間、、

「でも何で捨てたの??ここのホームでだよね??どこか覚えてる??」

「はい、、、やっぱり必要ですよね?取りに行った方が良いですよね?」

「そうだね。。」

・・・ということで、しぶしぶホームに戻り、ゴミ箱に手を突っ込み、切符を取り出した時には

「あった~~~!」 

と一人大喜びしてしまいました。。

皆さんも気をつけてくださいね!ってこんなドジはしませんかね・・・^^;



そうそう、母がフランスで買ったフォトフレームをよく見ていたところ、エッフェル塔や凱旋門、ノートルダム寺院やサクレクール寺院などパリのモチーフがぶら下がっていて、可愛いフレームなのですが、、
c0198138_1910320.jpg

『PARIS』という文字が入っていると疑いもしない部分、どう見ても入っているのは、『PSRIS』・・・。

何て読むのでしょうか??わかる方教えてくださ~~い!!

誰かのおっちょこちょいな仕業かな・・・^^
[PR]
# by avec_un_sourire | 2010-03-09 19:15 | 日々のこと

想像力も表現力も乏しいです・・

フランスから帰国して早3週間。。

「帰ったら、あれもこれもして、あそこに行ってこれも食べて・・・!!」と計画や妄想はいろいろあったものの、最初の1週間はほぼ寝る&食べる生活、2週間目から何とか人らしい(?!)生活が始まり、ようやくペースが回復してきた感じです。。

自分の弱さと甘さが出てますね・・・忙しい生活が目の前にあれば、こんなにゆっくりともしていられないのだけれど。。と反省。


職探しは難航中。。
国際関係の仕事がしたい!と思いつつ、地元ではなかなか難しいものですね。

フランスから履歴書を送ったところ一つから

「今度臨時職員の募集があるので、希望内容と合えば、また応募してください。」

との連絡があったので、これにもう一度チャレンジしようと思うけれど、前回の募集資格を参考に見たら、

「英検1級」

の文字が・・・・
2級をとったのすら既に10年以上前・・・・・・・その実力さえもうない私・・・・
やる気しか見せるものはないって感じですねぇ~

どうなることやら。。

いずれにせよ勉強だけは続けていきたいなぁと思います!!



・・・と言いつつ、最近の勉強方法といえばもっぱら映画DVDを見ることです^^;

帰国間際にfnac(フナック:フランスの最大ブックチェーンで書籍、CD、DVD、PC関係などがそろっているお店)でDVD5枚で30ユーロを買い溜めてきたのを見るのが最近の楽しみ☆

フランス語で聞くだけだと、聞き取れる部分も限られてしまうので、フランス語の字幕と一緒に見ると、なかなかの勉強になるのです。(と信じているのです・・・^^;)


私が好きな映画のジャンルと言えば、コメディ、ラブコメディといった類なので、ハリウッド系が多いのですが、
それでもフランス語バージョンがあるのは貴重なので買ってきました。

もちろん、フランス映画もありますよ。

「LE PREMIER JOUR DU RESTE DE TA VIE」 
c0198138_141507.jpg

直訳すると、「あなたの人生の中での最初の日」となるのでしょうか・・・う~ん何か違う気がする・・・「大切な日」かな。。

5人家族の話なのですが、それぞれの人生の中で起こる出来事が描かれていて、それは誰にでも「うんうん、そうだよね。」と共感できる内容で、自分と重ね合わせてしまう部分もありました。

5人それぞれが、いろんな場面で大切な決心をする日が訪れる。。。という内容でした。

家族というものを見つめさせてくれる、素敵な映画だと思いました。


そうそう、昨日はレンタルしてきたDVDを見たのですが、、

「Ensemble, c'est tout」

私が訳すと、

「一緒、それが全て。」

本当に単語を並べただけの直訳になるのですが、、、日本語タイトルは

「幸せになるための恋のレシピ」

となっていました。。
翻訳って、想像力と表現力がとっても大切なのだなぁと実感。

確かに、私の直訳よりも、絶対的に後者の方がたくさんの人が手に取るだろうな~。
仕事でキャッチコピーを考えるときにも、幾度となく、自分の表現力の乏しさには幻滅しました。。
どうしたら豊かになるのかしら・・・



でも、この映画、確かに恋愛も絡んではいたけれど、、「恋のレシピ」というカワイイ題が似合うのは最後の数分?と思ってしまったり(笑)個人的意見です。。



いずれにせよ、映画だけじゃなく、たまには問題集も開かないとね・・・・
[PR]
# by avec_un_sourire | 2010-03-04 02:17 | 日々のこと

アイスランド・レイキャビークⅡ

今日は、バンクーバーオリンピックの女子フィギュアスケートを見て、すごく感動してしまいました。

たくさんの選手たちが、それぞれの想いで氷のリンクの上を滑り、終わった後の表情を見ていると、コチラまで胸がいっぱいになりました。

その後のVTRや各選手のインタービューなどを見ていると、全く同じ映像でも、何度見ても、、泣きそうになります。(涙もろくなったのは年のせい?!・・・)

本当に素晴らしかった!!!!感動をありがとう☆☆☆


・・・と、アイスつながりで(無理やりですが・・^^;)、アイスランド旅行紀Ⅱです。

レイキャビーク2日目は、巨大露天温泉『ブルーラグーン』へ行ってきました。
なんでも露天温泉では、世界最大規模だとか。

ホテルで朝食を取り、予約したバスに乗り込み、出発すること数十分で、景色がガラリと
変わり、周りには何もなくなってしまいます。
c0198138_027209.jpg

c0198138_0274367.jpg

c0198138_028620.jpg

そして、突如として現れたのが湯気をモクモクと上げているこの景色。
c0198138_0291233.jpg

ブルーラグーンは、自然に湧き出ている温泉ではなく、隣接する地熱発電所が汲み上げた地下熱水の排水を利用して作られているらしいです。
c0198138_0331386.jpg

まもなく到着。
c0198138_0334383.jpg

バスを降りて少し歩くと、ブルーラグーンが現れました。
c0198138_0352356.jpg

でもコレは温泉ではなく、入れるブルーラグーンはコチラ。
c0198138_0363563.jpg

建物から温泉に入るまで10数歩ほどの距離があるのですが、ここを水着姿で歩く数秒が
ホントに寒くて、
「無理!無理!!無理!!!」
と叫びながらダッシュでした。何かの罰ゲームかと思うほどです^^;

温泉自体は38度くらいなので、日本の露天風呂を想像していると、ぬるくて拍子抜けしちゃうかも。

泥パックも塗り放題。

ぬるいので、のぼせることもなく、温まった感もそれほどなく(笑)あっというまに1時間以上経過。
c0198138_043790.jpg

c0198138_0441119.jpg

けれど、上がった後の方が体がポカポカしてきました。
まさしく半身浴のような効果?!

温泉につかって体力を消耗したか、帰りのバスは私は暴睡。
深めに被っていたニット帽が飛んで行くほど、頭を大きく振りながら寝てしまったほど・・・・

c0198138_050403.jpg

そして今日こそオーロラ見れるかなぁとホテルへ戻ります・・・






オーロラ!!!!!
c0198138_0553741.jpg

な~んて、、実は、オーロラツアーはこの日も決行されず・・・・ガ~~~ン!!!!!!
悔しくって、オーロラの写真集を買ったのでした。
c0198138_0572396.jpg


こればっかりは自然現象だから仕方ない。。。悔やまれるけれど仕方ない。。。。
と自分に言い聞かせ眠れぬ最後の夜を過ごしました。

夢にでもオーロラが出てきますように!と買った写真集を枕の下に入れて寝るも見れず・・

畜生です!


帰国の日は、朝5時にホテル出発。
7時台の飛行機だったのですが・・・・搭乗まではスムーズ。
そして、いざ離陸。。そうここまではスムーズ。

「ふぅ~今回は問題なく帰れる。」と安心し、ウトウトとし始めたそのとき・・・なんやらザワザワと
し始め、、アナウンスが流れ、、、

「機械の調子がおかしいので引き返します。」というようなことを言っているのです。

隣の人に聞いてみると、何でもヘンな臭いがしたから引き返すことになったのだとか。。
ああ恐ろしい。。。

そう、スムーズだったのは、離陸後20分まででした。


出発した空港に引き返すと、代わりの飛行機が待機していて、30分後には再出発するとのアナウンス。でも、荷物の移動もあるのに、どう考えたところで、30分で出れるワケがない。。。

・・・やっぱり2時間後再出発へ変更のアナウンスと共に、食事券が配布されることに。

こっちの人達は、先を読むことしないのか、はたまた少しずつ小出しに情報を与えればイイと思っているのか・・どっちなのだろう、なんて考えてしまいました。


・・・ということで、3泊4日のアイスランド旅行、内1日はほとんど空港。
見事3食分の食事代は、航空会社が払ってくれた。。喜んでいいのかどうなんだか・・・

アイスランド航空、ちょっと怖いな~なんていうのが私の感想。。

オーロラリベンジはカナダのイエローナイフにしようと決心しました^^

c0198138_114229.jpg

でも、行って良かったアイスランド。一番は『人』に感動かな。
大自然がいっぱいなので、夏のバカンスに時間をたっぷりかけて島を周る旅もお勧めかもしれません。

想い出に買っとくべきだったかな。。
c0198138_1153019.jpg

[PR]
# by avec_un_sourire | 2010-02-27 01:25 | アイスランド・レイキャビーク